日本国民のためのESTAビザ

✓日本国のパスポートを所持している人はESTAビザの申請ができます。

ESTAビザ、または”電子渡航認証システム”は、すべての日本人が正規のビザを取得せずに米国に入国する際に事前にチェックを行うため米国政府によって作成された独自のオンラインシステムです。以前は米国を訪れる多くの日本国民は、アメリカ大使館でビザの申請を行っていました。 ESTAビザではこのことはもはや必要ありません。日本はビザ免除国(VWP)となり- 日本のパスポートを所持した日本国民は最大90日間、ビジネス、観光や医療上の理由で米国入国を行う際オンラインでESTAを申請することができます。申請は非常に簡単であり、プロセスは効率的です。必要な情報を入力し、送信をクリックするだけです。 ESTAビザは申請の際に使用したEメールアドレスに72時間以内に送信されます。

なぜ日本はビザ免除プログラム参加国なのでしょうか?

日本は世界経済の中で経済力を確立した評判の良い国です。米国との強い絆を持ち、ビザ免除プログラム参加国であることがその証です。米国に日本からの訪問者の安定した流れを確実にすることが重要であり、ESTAによって二国間の移動が簡素化されます。オンライン申請書の ESTAビザ技術によってスムーズにビジネスや観光をすることができます。これにより両国経済に利益をもたらします。

  ESTAビザ申請 – 日本国民

  • ESTAビザは、通常のビザではありません。船舶又は航空から米国に入国する前にチェックを行い、日本のパスポート保持者は、正規のビザを持たずに米国に入国することができます。
  • ESTAの目的は、不要な脅威から米国を保護し、日本国民が”手間をかけずに”米国に入国することです。
  • 日本はビザ免除プログラムに参加する38カ国のうちの1つです。
  • 少なくともチェックインの72時間前までにESTAの申請をおすすめします。
  • ESTA申請が拒否された場合、日本国民は、B-1ビジタービザまたはB-2観光ビザを申請する必要があります。
  • 承認されたESTAビザは米国への入国を保証するものではありません。
  • ESTAビザは2年間有効で、更新することができます。
  • ビザ免除プログラムのもと米国を経由する日本人旅行者はESTAビザを申請することができます。