首都 アンドララベリャ
1年でESTA申請者 1 371
VWPに参加しました 1991
ESTAの対象 はい

ESTAを申請 

 

アンドラとビザ免除プログラム

ヨーロッパの内陸国アンドラは米国のビザ免除プログラム(VWP)の対象となる38か国の1つです。アンドラの市民は米国への通常の旅行ビザを申請しなくても、Vビザ免除プログラムのもとESTA システム (電子渡航認証システム)を使用できます。  

アンドラは1991年にビザ免除プログラムに参加し、それ以来メンバーとなっています。ビザ免除プログラムにより、アンドラからの旅行者はビザなしで90日間アメリカを訪れることができます。旅行者は空路または海路を利用し、電子および機械で読み取り可能なパスポートを持ち、90日以内で米国に旅行しなければなりません。旅行の理由は観光、ビジネス、医療、または乗り継ぎの目的のいずれかに該当する必要があります。

アンドラとアメリカの関係

米国とアンドラは、アンドラが主権議会民主主義としての地位を確立してからわずか2年後の1995年2月21日以来、外交関係を築いてきました。それ以来、アンドラと米国は、お互いに貿易や投資の関心があまりないにもかかわらず、友好的な関係を築いてきました。

文化的には、アンドラと米国は米国のフルブライト交換プログラムを通じてつながっています。これは両国が文化を共有し、関係をさらに改善できるように設定されたものです。

アンドラにはニューヨーク市に大使館があります。米国にはアンドラ自体の大使館はありませんが、スペインのマドリッドにあるその大使館からアンドラの認定を受けています。