首都 キャンベラ
1年でESTA申請者 1 431 077
VWPに参加しました 1996
ESTAの対象 はい

ESTAを申請 

 

オーストラリアとビザ免除プログラム

オーストラリアは米国渡航を行う場合、通常のビザではなくビザ免除プログラム(VWP)に基づいて旅行する資格をもつ38か国のうちの1つです。VWPにより旅行者はビザなしで最大90日間米国を訪れることができます。代わりに旅行者はオンラインからESTA(電子渡航認証システム)を申請することができます。これにより入国時に資格が自動的に証明されます。

このシステムはオーストラリアで長年使用されてきたETA(電子渡航認証)と非常によく似ています。オーストラリアは導入からわずか10年後の1996年からVWPに参加しています。同様に米国市民はオーストラリアに旅行する前にETAを申請する必要があります。

オーストラリアとアメリカの関係

全体として、オーストラリアと米国の関係は優れています。1951年にオーストラリア、ニュージーランドおよび米国がANZUS条約に署名しました。各国は太平洋地域と非公式の両方で、世界規模で軍事問題に協力すると述べています。これにより、両国は一定の忠誠心を持ちいずれか一方に対する武力攻撃が他方に危険をもたらす可能性があることに同意しています。

オーストラリアと米国も自由貿易協定 (AUSFTA)を設けており、両国の経済を成長させ、有利にするために投資と貿易を行うことができるものです。

2017年の大規模な世論調査では、人口の77%が安全保障の問題に米国との同盟が必要かつ不可欠であると考えていることが明らかにされました。60%はドナルドトランプ政権により、米国に対する好意的な見方をしていませんでした。過去1年がオーストラリアと米国の関係の一般的なコンセンサスにどのように影響したかはまだ不明なところです。しかしながら両国がまだかなり友好的であり、相互的な政治的関係を持っていることは明らかです。