首都 ウィーン
1年でESTA申請者 210 727
VWPに参加しました 1991
ESTAの対象 はい

ESTAを申請 

 

オーストリアとビザ免除プログラム

オーストリア国民は全員(他の基準で不適格でない限り)、米国ビザ免除プログラム(VWP)の一環としてESTA(電子渡航認証システム)を申請できます。これにより観光、ビジネス、医療、または乗り継ぎを目的とし、最大90日間米国に渡航できます。

オーストリアのすべての旅行者は、米国への出発の少なくとも72時間前にオンラインからESTA で申請することができ、電子的に機械が読み取り可能な有効なパスポートを保持している必要があります。オーストリアは1991年の導入以来、ビザ免除プログラムに積極的に参加しています。オーストリア国民がESTAの申請が却下された場合でも、大使館で関連するビザを申請することでできます。

オーストリアとアメリカの関係

オーストリアと米国は政治的、文化的、経済的な二国間関係を持っています。米国がオーストリア・ハンガリー帝国との戦争を宣言した第一次世界大戦の歴史にもかかわらず、現在の関係性はよいものです。それ以来、両国の大統領は相互に交流し互いの国を訪問してきました。1955年にオーストリア国家条約が調印された後米国はオーストリアを自由で独立した中立国家として宣言し、オーストリアの再建に重要な役割を果たしました。

オーストリアはEU加盟国であるため自由貿易協定が締結されています。これにより、米国とオーストリア間の貿易と投資の両方をダイナミックに継続的に成長させることができます。

オーストリアのウィーンには米国大使館が、米国のワシントンDCにはオーストリア大使館があります。