首都 ブリュッセル
1年でESTA申請者 295 607
VWPに参加しました 1991
ESTAの対象 はい

ESTAを申請 

 

ベルギーとビザ免除プログラム

1986年に米国議会によって設立されたビザ免除プログラム(VWP)のルールに基づいて(空路または海路で)ベルギーを含む38カ国の国民はビザ免除プログラムのもとESTAを利用し米国に渡航することができます。通常のビザを申請することなく観光、ビジネス、医療または乗り継ぎを目的とし米国に渡航できます。ESTAによりアメリカを訪れるベルギーの市民にとってより安価で簡単な申請と入国手続きが可能になります。   

ベルギーは1991年からビザ免除プログラムに参加しており、それ以来メンバーとなっています。資格がない場合を除き、ベルギーの旅行者は承認済みのESTAを申請し電子的に機械が読み取り可能なパスポートを持っている限り米国に渡航できます。

ベルギーとアメリカの関係

ベルギーとアメリカは1832年にベルギーがオランダから独立を宣言して以来外交関係を維持してきました。両国はNATOの同盟国であり、貿易、投資、外交問題に関してバランスの取れた協力関係を保っています。

全体的にベルギーの人々は第二次世界大戦でナチスドイツからベルギーを解放する役割を果たした後、米国に対して一定の愛着を感じています。しかし最近の米国の政治的変化と立場がベルギー人の米国に対する見方に影響を与えたかどうかは不明なところです。

ベルギーと米国はともに国連、NATO、ユーロ大西洋パートナーシップ会議、国際通貨基金、世界貿易機関など多くの同じ国際組織のメンバーになっています。