首都 サンティアゴ
1年でESTA申請者 268 704
VWPに参加しました 2014
ESTAの対象 はい

ESTAを申請 

 

チリとビザ免除プログラム

チリは2014年に米国ビザ免除プログラム(VWP)に参加した比較的新しい国です。VWPを利用するとチリ国民全員がオンラインから申請する電子申請システム(ESTA)を使用し、米国に入国できます。ESTAは最大2年間有効で上限は90日です。

VWPにより、移民プロセスが合理化されチリ人が米国を訪問しやすくなります。毎年約50万人のチリ人が米国を訪れています。 特にチリはVWPに参加する特権を持つ唯一の南アメリカの国であり、これは両国間の親密な関係を描く上で非常に重要なものです。

チリと米国の関係

チリ共和国と米国は、19世紀以来二国間関係を築いてきましたが、1980年代後半以降の最近の期間では、両者の関係はずっと強くなっています。これらの変化は、チリが国内で長年にわたる社会的および政治的混乱の後に新しい民主的慣行を復活させたときに生じました。

チリは腐敗に対する前向きな状態を保持しているため、南米で最も近い米国の戦略的同盟国の1つと考えられています。両国はまた、相互援助の米州条約の加盟国であり、その一方に対する攻撃はそれらすべてに対する攻撃と同等であると主張しています。

2003年以降チリと米国の自由貿易協定が締結されており、両国間の輸出関税はほぼ撤廃されました。