首都 プラハ
1年でESTA申請者 268 704
VWPに参加しました 2008
ESTAの対象 はい

ESTAを申請 

 

チェコ共和国とビザ免除プログラム

チェコ国民はビザ免除プログラム(VWP)を利用し、米国を訪問できます。これにより通常のビザなしで米国に渡航することができます。これは米国渡航をするにあたり、はるかに簡単で安価な方法であるとともにチェコ共和国とアメリカ間の旅行を促進するものです。

チェコ共和国は、2008年10月にブッシュ大統領によって、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、スロバキア、および韓国とともにビザ免除プログラムに追加されました。VWPの一環として、チェコ国民は最大90日間米国に旅行できます。旅行の目的は観光、ビジネス、医療または乗り継ぎでなければならず、各個人の電子渡航認証システム(ESTA)は最大2年間有効です。

チェコとアメリカの関係

チェコ共和国とアメリカ合衆国はかなり良好な二国間関係を持っています。チェコ共和国がソビエト連邦の一部から1989年に民主主義に移行し、1999年にNATOに参加し、2004年に欧州連合の一部になったため関係は拡大し、成長しました。 

チェコ共和国と米国は、経済的および軍事的な同盟国であり、教育文化局が行った作業の一環として文化交流にも参加しています。

米国はチェコ共和国とスロバキアの以前の統合状態からの分裂をはじめに懸念していましたが、現在は両国とも良いつながりを維持しています。